夜、よく眠れない、または眠ってばかりいる

些細なことで落ち込み、そこから中々抜け出せない

全身がだるく、何もする気がおきない

不安でたまらない

少しのことでカッとなり暴力をふるうこともある

常に沈んだ気分で暗い表情になってしまう

拒食または過食してしまう

最近、対人関係が苦手になった

異常なくらい潔癖

最近物忘れが激しい

怒りっぽくなった

身体が不調で病院で検査したのに異常が見つからない

自分は誰かから嫌がらせをされていると思う

周りにこころの病で心配な人がいるがどうやって病院に連れて行けばいいかわからない

 

 
もし1つでも心当たりがあるのなら
 
あなたやその周りの人はこころの病である可能性があります。
 
こころの病はたくさんの種類がありますが
 

ほとんどの場合、
早期に治療を受けることで治ったり、改善、寛解することが多いのです。

逆に放置するとどんどん症状が悪化し
取り返しのつかないことにもなりかねません。
そうなる前に、このページを少しの時間で
 
構いませんので読み進めて下さい。
 
あなたや、あなたが心配している人を
 
助けるためにどうすればいいかをお教えします。

 


 

あなたに質問です。
 
こころの病とはどんな病気か知ってますか?
 
実は・・・

 

<参考URL:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html>  

こころの病(精神疾患)により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しています。

平成23年は320万人と依然300万人を超えています。 

 

内訳としては、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっています。
近年においては、うつ病や認知症などの著しい増加がみられます。 

 
 
ころの病というのは症状の違いや程度により差が
あるかもしれませんが、非常につらいものです。
身体的な病であれば、周りからの理解も得やすいのですが
こころの病は本人のこころの中に多くの症状があらわれます。
そのため、周りから誤解もされやすく
「あいつは怠けている」
「心が弱いからそんなことになるんだ」
「根性が足りない」
などこころない言葉を浴びせられたりすることもあります。

しかし、こころの病は本人の気の持ちようで病状が回復するものではなく
治療が必要な、れっきとした病気なのです。
そして正しく治療を受ければ、ほとんどの場合
症状が改善、寛解するものなのです。

 


 
きちんと治療を受ければ改善する見込みがあるのに
多くのこころの病に苦しんでいる人たちは正しい治療を受けられていません。
 
その理由としては
本人に病識(病気であるという自覚)がない
本人がこころの病であることを認めたがらない
本人が病院に行くのを嫌がる
周りの人間にこころの病についての知識、理解がない
などがあります。
 
本人が病気であることを認めたがらず
そのため病院に行くことや服薬を嫌がり
周りの人間にもこころの病についての知識や理解が
ないため、なかなか正しい治療にむすびつけられない
というケースが多いようです。
「そのうちよくなるだろう」
「病院に行くほどでもないだろう」
と、放置しがちになってしまうのですが
これは非常に危険です。
こころの病は放っておいてよくなることはありません。
むしろどんどん悪化していきます。
そうなると本人がツライのはもちろんのこと
家族や周りにいる人も非常に苦しむことになります。
本人や家族がその苦しみに耐え切れず自殺してしまうという
悲しいことも現実におこってしまっているのです。

 

 

<参考URL:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/4_07_03out.html

 

自殺既遂者に対する調査からは、うつ病等の
気分障害が特に重要な自殺の要因であることが明らかになっております。
※既遂とは、すでになし終わっていること。 

 
 
こころの病は絶対に放置してはいけません。


こころの病を放置し、本人や周りの人が苦しむことのないよう
こころの病についての正しい知識を得ることが大切です。
そして、こころの病の兆候を知り、その兆候がどんな病気の
可能性があるのかを知ることで正しい対策をとることができ
早期治療へむすびつけることができるのです。
 
あなたは最近心の悩みはありませんか?
あなたの周りで最近ちょっと変だな、と思う人はいませんか?
病院に連れて行こうとしてもなかなか言うことを聞いてくれない人はいませんか?
もし心あたりがあるなら、それを放置せず
先延ばしにしないで下さい。
もし、どうすればいいのかわからない場合は
本書を手にとってみてください。


   

こころの病とは

こころの病の症状

こころの病の兆候

兆候から想定できるこころの病

言動がおかしい場合

眠れない場合

妄想がある場合

暴力的になる場合

表情が暗い場合

おびえや不安がある場合

怒りっぽい場合

対人関係が苦手になった場合

潔癖になった場合

些細なことが気になる場合

元気がなくなった場合

拒食、過食がある場合

物忘れがある場合

眠ってばかりいる場合

身体が不調でも異常が見つからない場合

こころの病の治療

病院に連れて行く方法

本書ではこころの病についての正しい知識や
こころの病の兆候、該当する病、そして
病院に行きたがらない人を病院に連れて行く方法
紹介しています。
 
本書で紹介している正しいこころの病の知識を学び
こころの病の兆候や病院に連れて行く方法を学ぶことで
早期治療にむすびつけることができ
症状を改善することができるでしょう。


こころの病が改善することであなたは
   

心配していた大切な人を病院に連れて行けます

今まで悩んでいた症状から解放されます

正しい治療により普通の日常生活を送れるようになります

どこにでも気にせず出かけられるようになります

不安や恐怖から解放されます

安心して眠れるようになります

心配していた症状を改善することができます

あなたが本書を手に取ることにより
こんな素敵な未来が待っているでしょう。
 
 

※画像はイメージです

 

ダウロード版PDF55ページ 

特別価格:4,980円

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。

 

 

 

 

こちらの「こころの病改善法」を私から購入してくれた方に限り

 

自分の商品として、販売出来る再販売の権利(マスターリセールライト)

 

お付けしたいと思います。

 

購入後、商品ファイルと

 

さらに

 

この商品を売るための販売用HP

 

もお付けします。

 

つまりあなたは、この「こころの病改善法」の

 

ノウハウを得るのと同時に商品の販売利益も

 

丸々あなたの銀行口座に入金されるようになるということです。

 

こちらのリセールライト権利を購入者限定特典として

 

お付けしたいと思います。

 

 

 

マスターリセールライト(再販権付)

自分で利用できます。

 
この商材を好きな数だけ再販売できます。
 
再販権を付けて再販売できます。
(あなたから購入した人も再販売できるということです)
 
× 無料配布はできません。
 
× 再販売用素材のみの有料販売、無料配布はできません。
 
× 商品PDFファイルの改変・改良はできません。

 

 

 

 

販売用ホームページ

今あなたがご覧になっているこのページを
あなたもそのまま利用することができます。
 
販売用ホームページは改変していただいても
そのままお使いいただいてもOKです。
改変された方がオリジナリティーが出て良いですね。
 
販売用ホームページを業者に頼むと
おおよそ5万円〜30万円かかります。
その販売用ホームページをお付けいたします。
※特典は本編と一緒にダウンロードにてご提供致します。

 

 

 

無制限の再販売権利

考えてみてください。
 
この商材をたった1つ再販売するだけで
投資したお金を回収できてしまいます。
そして、もう1冊売れば、すべてがあなたの利益となります。
 
再販売で得た収入は、100%あなたのものです。
そして、無制限に、いくつでも再販売できます。
 
 
この商材に投資したお金が50 倍、100 倍に膨らむ可能性さえ
秘めています。
あなたが失うものはほとんどありません。
このチャンスを見逃さない限りは。

 

 
 
■国産 完全オリジナル!
■マスターリセールライト(再販権付 無料配布禁止)
■ダウンロード版PDF45ページ
■販売用ホームページ付き(編集OK)
■特定商取引法ページ付
※特典は本編と一緒にダウンロードにてご提供致します。 

 

 

 
 
■国産 完全オリジナル!
■マスターリセールライト(再販権付 無料配布禁止)
■ダウンロード版PDF51ページ
■販売用ホームページ付き(編集OK)
■特定商取引法ページ付
※特典は本編と一緒にダウンロードにてご提供致します。 

 

 

※画像はイメージです

 

ダウロード版PDF55ページ 

特別価格:4,980円

 

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。

 


こころの病は正しく治療すれば

改善する見込みが大きい
のにも関わらず

多くの人が治療を受けず苦しんでいます。
その原因の一端はこころの病の知識や理解が
無いことです。
あなたの周りを見渡してみてください。
あなたの家族、友人、親戚、知人、職場の人、近所の人で
様子が変だなと思う人はいませんか?
あなたの大切な人に変だなと思うことはありませんか?
もし少しでも心当たりがあれば、それをそのままにしないで下さい。
こころの病についての正しい知識を得て
その心当たりがこころの病の可能性があるかどうかを
判断できるようになってください。
そして、もしこころの病の可能性があれば
すぐに病院で正しい治療を受けられるように努力する必要があるのです。
あなたがおかしい、変だと思っている症状は
正しい治療を受けさえすれば改善される可能性が高いんです。
 
 
もしあなた自身やあなたの大切な人に
こころの病の心当たりがあるのであれば
 
すぐ本書を手に取って行動にうつしてください
 
これは決して後回しにしてはいけないことです。